平昌五輪代表選手へジュニアから“クリスマスプレゼント”

エキシビジョンでファンの声援に応える田中刑事(中央、左は宇野昌磨、右は坂本花織)
エキシビジョンでファンの声援に応える田中刑事(中央、左は宇野昌磨、右は坂本花織)

 フィギュアスケートの全日本選手権から一夜明けた25日、会場となった武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京)では、エキシビション「メダリスト オン アイス」が行われた。

 1部と2部の間には、五輪代表選手へのエールを込めて、ぞれぞれのフリープログラムをジュニア選手が演じる、“クリスマスプレゼント”が送られた。

 全日本4連覇の宮原知子のフリー「蝶々夫人」は同門で、次世代の女子エースと期待される紀平梨花が演じた。「蝶々夫人はいつも(練習を横で)見ていて、素敵なプログラムだと思っていたので、頑張りました」と紀平。後輩の気持ちのこもった演技に宮原は「感動しました。(一緒に練習しているので)これからもお願いします(笑い)」とうれしそうに笑った。

 全日本2連覇した宇野昌磨のフリー「トゥーランドット」は今季の全日本ジュニア選手権を制した須本光希が披露。宇野は「完成度の高いプログラムだった。どれだけ練習したんだろう」と驚いた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請