【日本ハム】大谷の“最後のボール”受けた栗山監督「世界一の選手になると信じています」

エンジェルスのユニホームを着てく栗山監督(手前)にボールを投げる大谷(カメラ・中島 傑)
エンジェルスのユニホームを着てく栗山監督(手前)にボールを投げる大谷(カメラ・中島 傑)
エンゼルス移籍会見を開いた大谷
エンゼルス移籍会見を開いた大谷

 日本ハムからエンゼルスに移籍した大谷翔平投手(23)が25日、5年間本拠地として戦った札幌ドームでファンに一般公開した中で記者会見を行い、栗山英樹監督(56)へ“最後のボール”を投げた。

 エンゼルスのユニホームを身にまといマウンドへ上がると、捕手役の指揮官へストライクを投げ込んだ。最後は「世界一の選手になると信じています」という栗山監督からのメッセージが入った投球プレートをプレゼントされると、大谷はエンゼルスのユニホームを指揮官へプレゼント。最後は先輩の中島、鍵谷、近藤から花束をプレゼントされ、ファンからの手拍子の中、球場を後にした。

エンジェルスのユニホームを着てく栗山監督(手前)にボールを投げる大谷(カメラ・中島 傑)
エンゼルス移籍会見を開いた大谷
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請