大谷翔平「アメリカでもっと強く、成長出来る気がする」札幌のファンに感謝

ナインから花束を受け取り笑顔を見せる大谷(カメラ・中島 傑)
ナインから花束を受け取り笑顔を見せる大谷(カメラ・中島 傑)
グランドとスタンドを開放して行われた大谷の会見
グランドとスタンドを開放して行われた大谷の会見

 日本ハムからエンゼルスに移籍した大谷翔平投手(23)が25日、5年間本拠地として戦った札幌ドームでファンに一般公開した中で記者会見を行った。

 冒頭のVTRのナレーターをスポーツキャスターの長島三奈さんが務め、映像が終わった直後に大谷と栗山監督が登場。ファンに向けたあいさつの冒頭ではいきなり「ロング・タイム・ノー・シー。アイム・ショウヘイ・オオタニ。センキュー・フォー・カミング・プレス・カンファレンス。プリーズ・エンジョイ!」とまずは英語であいさつし、笑いを誘った。

 続けて「こんばんは。笑ってもらってよかったです。今日はお別れではなくみなさんと楽しい時間を共有したいと思っています。僕から感謝の気持ちを伝えたいなと思い来ました。5年前、ここにお世話になると決めた時から色々な方にお世話になって、ここにいる栗山監督、GM、球団関係者のみなさん、両親、今まで野球でお世話になった方たち、チームメイト、ファンの皆さん、本当に色々な人にお世話になってここまでこれました」。

 さらに「僕自身はアメリカにいくという決断をしてから本当にたくさんの方々が鎌ケ谷にも来てもらいましたし、行くと決めてからも応援してくれる人がこんなにいるんだと、今日も感謝していますし、驚かされています。今日来てくれる人を見て、これだけ自分を応援してくれる人や、自分を支えてくれる人、そういう人たちがこれだけいるんだと実感するだけで、僕はアメリカでもっと強く、成長出来る気がしています。今日は短い時間ですけど、楽しんでくれたら」と笑顔であいさつを締めた。

ナインから花束を受け取り笑顔を見せる大谷(カメラ・中島 傑)
グランドとスタンドを開放して行われた大谷の会見
すべての写真を見る 2枚

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請