最年長・中山美穂「私1人で昭和を背負ってます」…ドラマ「平成細雪」完成披露試写会

フォトセッションで笑顔を見せる(右から)中山美穂、高岡早紀、伊藤歩、中村ゆり
フォトセッションで笑顔を見せる(右から)中山美穂、高岡早紀、伊藤歩、中村ゆり

 女優の中山美穂(47)、高岡早紀(45)、伊東歩(37)、中村ゆり(35)が25日、東京・渋谷のNHKでBSプレミアムの連続ドラマ「平成細雪」(来年1月7日スタート、日曜・後10時)の完成披露試写会に出席した。

 谷崎潤一郎の名作「細雪」をバブル崩壊後の平成時代に置き換え、大阪・船場の名家に生まれた4姉妹を描く。この日は4人全員があでやかな着物姿で登場した。長女・鶴子を演じる中山は「長女というよりも母親という役割で描かれてます。1人で(撮影場所の)京都に乗り込みましたが、妹たちに支えられました。撮影が終わってからも、4姉妹が続いていけばいいなという錯覚を持った現場でした」と笑顔。最年長とあって「(舞台は)平成だけど、私1人で昭和を背負ってます」と力を込めた。

 次女・幸子役の高岡は、昨年もドラマで中山と共演しており「美穂さんとは気心が知れたというか、すごい面白い関係性。美穂さんに支えられた」とたたえ合った。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請