「4代目桂春団治」襲名公演成功を願掛け…3代目の出ばやし「野崎」も継承へ

林家染太(手前)が引く人力車に乗って大阪天満宮を参拝した桂春之輔(後方左)
林家染太(手前)が引く人力車に乗って大阪天満宮を参拝した桂春之輔(後方左)

 上方落語の名跡・桂春団治の4代目を襲名する落語家・桂春之輔(69)が25日、大阪天満宮で、大阪松竹座での襲名披露公演(来年2月11日)の成功を祈願した。

 天満天神繁昌亭から赤い人力車に乗って境内へ。昨年1月に亡くなった3代目桂春団治さんの出ばやし「野崎」が演奏される中、弟弟子らと本殿を参拝。その後、上方落語界の物故者を合祀する「高坐招魂社(こうざしょうこんしゃ)」を訪れ、偉大な先人たちに願掛けした。

 春之輔は「『野崎』がかかった時、なんとも言えない心境になった。華やかで、素晴らしい出ばやし。改めて感激しました」と、しみじみ。

 出ばやしは落語家のテーマ曲的な意味合いがあり、「野崎」は浄瑠璃「新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)」の野崎村の下りの一節。春之輔自身の出ばやしは「月宮殿(鶴亀)」だが、襲名披露公演の際には「『野崎』を使いたいという思いがある」と、こちらも継承する意向を示した。

 この日は3代目に「名前より、これ、くれはります?」とおねだりし、亡くなった後に遺族から贈呈された朱色の羽織のひもを付けて参拝。襲名披露発表の時は、3代にわたって引き継がれた金の鎖を使用していたが「それはもう少し、自信がついてから」。襲名へ向け「気持ちがどんどん高揚しているのは確かだが、なるべくリラックスしたい」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請