馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 函館

キタサンブラック、有終の美から一夜「普段と変わらない。接し方変わっていく」と辻田厩務員

有馬記念から一夜明け、辻田義幸きゅう務員から好物の人参をもらうキタサンブラック
有馬記念から一夜明け、辻田義幸きゅう務員から好物の人参をもらうキタサンブラック

 有馬記念で有終の美を飾ったキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)は一夜明けた25日、栗東トレセンの馬房で疲れを癒やした。

 レース後は深夜2時前に栗東へ帰厩。「(お別れセレモニーのため)地下馬道で待っている時は、緊張していたみたい。『まだ走るんかな』と思っていたのかも。帰ってきてカイバをつけたら食べていましたし、普段と変わらないですね」。辻田義幸厩務員は無事を確認して安どの表情を浮かべた。

 過去2度の有馬記念では3、2着と惜敗が続いたが、3度目の挑戦で悲願を成就。芝で最多タイとなるG1・7勝に加え、JRA獲得賞金ランキングでもトップの座に就いた。「やっぱり心にくるものがありました。決めてくれた。すごい馬。素晴らしいものを間近で見せてもらった」と15年1月のデビューから担当する辻田厩務員は感慨深い表情を見せた。

 2年11か月の競走生活で、最もうれしかったのはG1初勝利となった15年の菊花賞だという。「(その前の)セントライト記念の時は馬の気持ちが入ってくれなかったが、(本番は)調教でガラッと変わった。3000メートルの距離もあったし、それを覆して走りきってくれた。その感動が大きかった」と振り返った。

 1月7日に京都競馬場で行われる引退式後は、北海道安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬入りする。「競馬が終わってしまったので、競馬に向けて追い込みながら、ということはなくなる。接し方が変わっていきますね。今はホッとしている方が強い。子どもをぜひやってみたいですね。優等生で、パワーがあって、優しくて。また驚かせてくれるような子どもを出してほしい」と辻田厩務員は21年夏にもデビューする2世に思いをはせた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請