宮原知子「ワクワク」初五輪…「感謝の気持ちを演技に」

フィギュアスケート平昌冬季五輪代表に選ばれ笑顔でポーズを決める選手たち(カメラ・酒井 悠一)
フィギュアスケート平昌冬季五輪代表に選ばれ笑顔でポーズを決める選手たち(カメラ・酒井 悠一)
平昌五輪女子のメダル有力海外選手と日本代表
平昌五輪女子のメダル有力海外選手と日本代表

◆フィギュアスケート全日本選手権 最終日(24日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 競技終了後に平昌五輪代表が発表され、3枠の男子は五輪2連覇に挑む羽生結弦(23)=ANA=と昨季世界選手権2位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=の二枚看板が順当に選ばれた。2枠の女子は全日本選手権を4連覇した宮原知子(19)=関大=と2位の坂本花織(17)=シスメックス=が、ともに初の五輪に挑む。宇野は全日本選手権を合計283・30点で2連覇し、初の五輪代表に決定。男子の3人目は2位の田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=が選ばれた。

 全日本選手権で4連覇を達成し、女子のエースとして初の五輪に挑む宮原は、約7000人観衆の前で“全力投球”を誓った。「この大会ではたくさんの声援、パワーをいただきました。五輪は今からワクワクしていて、どんな舞台か想像できませんが、ここまで来られた感謝の気持ちを演技に出して、精いっぱい頑張りたい」と力強く誓った。

 関係者によれば選考会後、控室に6位までの選手が集められたという。出場枠は2。坂本の恩師、中野園子コーチは「みんな欲しかった2席の残り1つ。泣いてる子もいて、喜ぶわけにもいかなかった」と明かした。明暗が分かれた勝負の世界。宮原も代表の重さを強く感じた。五輪でメダルを争うライバルは圧倒的な強さを誇るザギトワ、ソツコワらロシア勢。厳しい生存競争を勝ち抜いた力を五輪にぶつける。(小河原 俊哉)

フィギュアスケート平昌冬季五輪代表に選ばれ笑顔でポーズを決める選手たち(カメラ・酒井 悠一)
平昌五輪女子のメダル有力海外選手と日本代表
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請