田中刑事、自己ベスト出し2位で決めた「心に残る演技を」

フィギュアスケート平昌冬季五輪代表に選ばれ笑顔でポーズを決める選手たち(カメラ・酒井 悠一)
フィギュアスケート平昌冬季五輪代表に選ばれ笑顔でポーズを決める選手たち(カメラ・酒井 悠一)
五輪男女代表の過去5大会成績
五輪男女代表の過去5大会成績

◆フィギュアスケート全日本選手権 最終日(24日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 競技終了後に平昌五輪代表が発表され、3枠の男子は五輪2連覇に挑む羽生結弦(23)=ANA=と昨季世界選手権2位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=の二枚看板が順当に選ばれた。2枠の女子は全日本選手権を4連覇した宮原知子(19)=関大=と2位の坂本花織(17)=シスメックス=が、ともに初の五輪に挑む。宇野は全日本選手権を合計283・30点で2連覇し、初の五輪代表に決定。男子の3人目は2位の田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=が選ばれた。

 初の五輪代表切符をつかみ、田中は「小さいころから夢だった。今まで滑ってきた先輩方のように心に残る演技を五輪の舞台でしたい」と喜びを口にした。勝負のフリーでは4回転サルコーと4回転トウループを決め、2・14点もの加点を引き出した。ISU非公認大会ながら、フリーは175・81点、合計は267・15点をマーク。いずれも自己ベストを大きく上回る会心の演技で、小学3年から指導を受ける林祐輔コーチからも「よくやった!」と声が飛んだ。

 五輪シーズンのスタートは後れを取った。9月下旬に全治3週間の右腸腰筋の筋損傷と診断され、約10日間は跳べない時期があった。全日本までの残り1か月は猛練習を敢行。朝、昼、夜の3部練習で、時には深夜0時まで続け「ほとんど動けない状態」まで肉体を追い込んだ。

 同年代の羽生結弦(ANA)が足首負傷で今大会を欠場した。約1か月半前に連絡を取り合い「全日本では一緒に滑られたらいいね」と約束したが、田中1人がリンクに立つことになった。羽生は大切な友人でありながら「スケーターとして尊敬している」存在。友の復活を信じ「(五輪で)同じ氷に立つ」と心に決めた。

 「正義感を持ってほしい」と両親が「刑事(けいじ)」と名付けた。もちろん、あだ名は「デカ」。昼の公式練習は“跳べないデカ”だったが、心を強く持ち“折れないデカ”に変身。田中が目指すものは「世界と戦える選手。もっと世界で通用する選手」。大舞台で大捕物を演じる。(小林 玲花)

フィギュアスケート平昌冬季五輪代表に選ばれ笑顔でポーズを決める選手たち(カメラ・酒井 悠一)
五輪男女代表の過去5大会成績
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請