羽生結弦、本人不在の代表発表でも会場から大歓声

フィギュアスケート平昌冬季五輪代表に選ばれ笑顔でポーズを決める選手たち(カメラ・酒井 悠一)
フィギュアスケート平昌冬季五輪代表に選ばれ笑顔でポーズを決める選手たち(カメラ・酒井 悠一)
平昌五輪男子のメダル有力海外選手と日本代表
平昌五輪男子のメダル有力海外選手と日本代表

◆フィギュアスケート全日本選手権 最終日(24日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 競技終了後に平昌五輪代表が発表され、3枠の男子は五輪2連覇に挑む羽生結弦(23)=ANA=と昨季世界選手権2位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=の二枚看板が順当に選ばれた。2枠の女子は全日本選手権を4連覇した宮原知子(19)=関大=と2位の坂本花織(17)=シスメックス=が、ともに初の五輪に挑む。宇野は全日本選手権を合計283・30点で2連覇し、初の五輪代表に決定。男子の3人目は2位の田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=が選ばれた。

 本人不在の代表発表だった。宇野、田中に続いて「羽生結弦」の名前が読み上げられると、会場は大歓声に包まれた。世界ランキング1位などの実績から選考基準をクリアし、羽生が2大会連続の五輪代表を決めた。

 日本スケート連盟の小林芳子フィギュア強化部長は、16日にショートトラックの代表選考会が行われた愛知・名古屋市ガイシプラザで、羽生サイドと会談した事実を明かした。「そこで『五輪に間に合う』ということだったので選考しました」と説明。平昌大会が初めての五輪となる選手が多い。「今はけがをしているが、日本のエースとして若い選手を引っ張っていってほしい」と期待を込めた。

 右足首負傷のため、平昌五輪代表最終選考会を兼ねる全日本選手権の欠場を発表したのは18日だった。「今後は一日も早く、ベストな状態で練習に専念できるよう頑張りたい」との談話を出していた。小林強化部長は「氷に少し乗った」と氷上練習の再開も報告されたという。まだジャンプの練習は無理だが、少しずつ前へ進んでいる。

 すでに出場しない方針を固めていた四大陸選手権(台北)の代表には宇野、田中、無良が選ばれた。「羽生選手からは四大陸に出ませんという回答だった」と小林氏。ディック・バトン(米国)以来66年ぶりの連覇へ向け、ぶっつけ本番で“五輪一本”に集中する。

 11月9日、NHK杯の前日練習で右足関節外側じん帯を損傷し、回復が遅れていた。今季はオータムクラシックとロシア杯しか出場していない。前戦のロシア杯から五輪まで約4か月間もあくが、羽生の勝負強さと経験は別格だ。昨季金メダルの世界選手権(ミラノ)の代表入りも決まった。五輪と世界選手権のダブル連覇へ、逆境をはねのける。

フィギュアスケート平昌冬季五輪代表に選ばれ笑顔でポーズを決める選手たち(カメラ・酒井 悠一)
平昌五輪男子のメダル有力海外選手と日本代表
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請