宇野昌磨16点差圧勝!全日本連覇

平昌五輪代表に決定した選手(左から)クリス・リード、村元哉中、坂本花織、宮原知子、宇野昌磨、田中刑事、須崎海羽、木原龍一
平昌五輪代表に決定した選手(左から)クリス・リード、村元哉中、坂本花織、宮原知子、宇野昌磨、田中刑事、須崎海羽、木原龍一
宇野のフリー得点内訳
宇野のフリー得点内訳

◆フィギュアスケート全日本選手権 最終日(24日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 競技終了後に平昌五輪代表が発表され、3枠の男子は五輪2連覇に挑む羽生結弦(23)=ANA=と昨季世界選手権2位の宇野昌磨(20)=トヨタ自動車=の二枚看板が順当に選ばれた。2枠の女子は全日本選手権を4連覇した宮原知子(19)=関大=と2位の坂本花織(17)=シスメックス=が、ともに初の五輪に挑む。宇野は全日本選手権を合計283・30点で2連覇し、初の五輪代表に決定。男子の3人目は2位の田中刑事(23)=倉敷芸術科学大大学院=が選ばれた。

 胸の前で両手を合わせ、宇野はごめんねポーズを作った。「すごく悔しい気持ちと、こういう演技を何度も続けてしまって申し訳ない気持ちでいっぱい」。フランス杯から3戦、納得のいく滑りができていない。それでも2位に約16点の大差をつけ、連覇で初の五輪代表を決めた。

 冒頭の4回転ループを着氷するなど前半は好調も「後半、体的に疲れを感じて失速していった」。4回転フリップで転倒。今大会で新たに組み込んだ2回転半―4回転トウループの連続ジャンプは後半が2回転の両足着氷になり「跳ぶ前から失敗しそうだったけど、構成を変えるのは逃げることになるのでしたくなかった」と振り返った。

 昨季世界選手権で羽生に次ぐ銀メダルを獲得し、平昌五輪の金メダル候補に名乗りを上げた。それでも「五輪で成績を残したいというのもあるけど、それ以上に、そこがゴールじゃないと思っている」と自然体だ。記憶に残る選手になりたいと思っている。「僕の演技で、人の気持ちを動かせられるような選手になりたい」。それが五輪なら申し分ない。

 6月にカナダ・モントリオールで初めてヒップホップダンスにトライした。これまでバレエなどのレッスンは受けてきたが、ヒップホップは初めて。さまざまな動きを体に覚え込ませることが目的だった。ダンスコーチに「やってみない?」と聞かれ「はい」と即答した。

 四大陸選手権から、2週後の大一番へ仕上げていくプランだ。五輪での羽生との直接対決について問われると「楽しみたいです」と笑顔を見せた。「とても高い壁だけど、僕は今年あまりいい演技ができていないので、人とよりも自分と闘わないといけない」。今度こそ、納得のいく滑りを見せる。(高木 恵)

平昌五輪代表に決定した選手(左から)クリス・リード、村元哉中、坂本花織、宮原知子、宇野昌磨、田中刑事、須崎海羽、木原龍一
宇野のフリー得点内訳
すべての写真を見る 2枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請