平野佳寿「退路断つ」米で完全燃焼

Dバックス入りが決まり、成田空港に到着した平野
Dバックス入りが決まり、成田空港に到着した平野

 オリックスから海外FA権を行使して、米ダイヤモンドバックスと2年総額600万ドル(約6億8000万円)+1年最大出来高100万ドルで合意した平野佳寿投手(33)が24日、米ロサンゼルスから成田空港に帰国した。正式発表から一夜明け「とりあえずホッとしています」と笑みを浮かべたのは一瞬だけ。「退路を断つつもりでやります」と、米国で完全燃焼する心意気を示した。

 獲得意思のあった複数球団で、真っ先にオファーが届いたのがダ軍。直接交渉にはヘーゼンGM、ヤクルトでプレー経験のあるロブロ監督が同席し「家族のことを気にかけていただいた。何でも言ってほしい、と。ずっと同じ気持ちで(ダ軍は)待ってくださった。それが一番。結果を残したいし、期待に応えたい」と、期待される守護神争いにも意欲十分だ。

 150キロの速球とフォークを武器に156セーブ。12年プレーしたオリックスにも「快く送り出していただき、感謝しています」と頭を下げた。「米国で一年でも長くプレーしたい。向こうでアカンから、また日本でできるという考えは持っていません」。年内も可能な限り体を動かし、元日から始動する計画だ。「行くなら最後のチャンス」と夢をかなえた33歳。成功するために戦い、進む覚悟は決めている。(長田 亨)

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請