馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

注目レース:  アイビスSD・G3

【有馬記念】キタサンブラック、有終V!武豊最後までブラックの競馬貫いた!

カクテル光線に照らされたターフに、姿を見せたキタサンブラックを見守る(壇上の左から2人目から)北島オーナー、武豊、北村宏
カクテル光線に照らされたターフに、姿を見せたキタサンブラックを見守る(壇上の左から2人目から)北島オーナー、武豊、北村宏

◆第62回有馬記念・G1(24日・芝2500メートル、中山競馬場、良)

 第62回有馬記念・G1が24日、中山競馬場で行われ、1番人気のキタサンブラックが逃げ切って優勝。1着賞金3億円(プラス付加賞)を加え、総獲得賞金はテイエムオペラオーを抜き、歴代1位となった。手綱を執った武豊騎手(48)は、いずれも引退レースだった90年オグリキャップ、06年ディープインパクトに続く、有馬記念3勝目。

 武豊の強い気持ちが表れた。「悔いの残る競馬はしたくない」。4コーナー過ぎ。逃げ切りを狙うキタサンブラックの手綱を押した。勝負どころの直線。外からシュヴァルグラン、スワーヴリチャードが迫ってきた。「頑張ってくれ」。祈りを込めた右ステッキを連打すると、後続を突き放していった。

 クリスマスイブに詰めかけた10万720人の大歓声がひと際大きくなった瞬間、2着のクイーンズリングに1馬身半差をつけてゴールへ飛び込んだ。人馬一体の独壇場となったラストラン。キタサンブラックの競馬を最後まで貫き通した。「最高にうれしいです」。武豊が高々と右手を上げると、地響きに似た「ユタカコール」が巻き起こった。

 絶対に負けられない―。北島三郎オーナーの所有馬で常に注目を集めてきた現役最強馬。「この馬は国民の馬」と称した武豊は大きな重圧と闘ってきた。ファンファーレが鳴った瞬間、名手の顔がいつになくグッと引き締まった。「一番、ゲートが緊張しました。楽観するところは一つもありませんでした。丁寧に1メートル、1メートルをクリアしていくという感じだった」。この日の騎乗馬はキタサンブラックの一頭のみ。「一鞍入魂」で挑んだ27度目の有馬記念で、90年オグリキャップ、06年ディープインパクトに続く「引退レースV」を飾った。

 これでシンボリルドルフなどに並ぶ最多タイのJRA・G1・7勝目。獲得賞金は18億7684万3000円となり、テイエムオペラオーを抜き、歴代トップに踊り出た。「今まで勝ったG1が全部すごいG1。こんな馬出ない。騎手冥利に尽きます」。デビュー3戦目から、G1・14戦を含む18戦連続で重賞に挑んできた走りに、JRA通算3942勝の名手がうなずいた。

 早ければ21年夏には子供たちがターフに登場する。「(その時まで現役を)やめられないね。キタサンブラックには『ありがとう』しかない。騎手として成長させてもらった」。16年大阪杯からコンビを組んだ12戦でG1・6勝。キタサンブラックを歴史的名馬まで押し上げたのは武豊だった。(山本 武志)

 ◆キタサンブラック 父ブラックタイド、母シュガーハート(父サクラバクシンオー)。栗東・清水久詞厩舎所属の牡5歳。北海道日高町・ヤナガワ牧場の生産。通算20戦12勝。総収得賞金は18億7684万3000円。主な勝ち鞍は菊花賞・G1(15年)、天皇賞・春・G1(16、17年)、ジャパンC・G1(16年)、大阪杯・G1(17年)、天皇賞・秋・G1(17年)。スプリングS・G2(15年)、セントライト記念・G2(15年)、京都大賞典・G2(16年)。馬主は(有)大野商事。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請