坂本花織が女子フィギュア代表2枠目に決定

坂本花織(左)と宮原知子
坂本花織(左)と宮原知子

◆フィギュアスケート全日本選手権 最終日(24日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 フィギュアスケート女子代表、注目の2枠目が坂本花織(17)=シスメックス=に決まった。

 24日の男子フリーで全競技が終了。平昌五輪代表選手が発表され、女子は今大会で4連覇を達成した宮原知子(19)=関大=と坂本に決まった。

 坂本はシニア転向1年目の17歳。今大会ではSPで首位に立ち、フリーでは最終滑走の重圧をはねのけて滑りきった。冒頭のフリップ―トウループの連続3回転は回転不足を取られたが、大きなミスなく演技終了。非公認ながら自己ベストを上回る213・51点をマークした。

 シニアに転向した今季は、結果が出ずに悩んだが、11月のスケートアメリカで自己ベストの210・59点をマークし2位に躍進。日本女子NO1の勢いのまま、夢の舞台への切符をつかんだ。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請