【巨人】宇佐見「松戸からプロ野球選手が一人でも多く出れば」地元で野球教室

参加した子供たちと一緒に笑顔でダッシュをする宇佐見(左)
参加した子供たちと一緒に笑顔でダッシュをする宇佐見(左)

 巨人・宇佐見真吾捕手(24)が24日、地元の千葉・松戸市内で横浜OBの中根仁氏、巨人OBで現ジャイアンツアカデミーでコーチを務める古城茂幸氏とともに野球教室(主催・アスリート街.com、協賛・月刊ジャイアンツ)を行った。

 子どもたちからの質問コーナーで「憧れの選手」を聞かれると「阿部さんですね」と即答。「同じ捕手で左打ちでしたし、ずっと試合に出て、打っていたのでそういうキャッチャーになりたいと思った。打撃フォームの動画はずっと見ていました」と明かした。

 野球教室では打撃や守備について、子どもたちに熱心に指導にあたった。最後は「今、野球人口が減っている時代ですけど、何とかこの中から一人でも長く野球をやってもらって、松戸からプロ野球選手が一人でも多く出ればいいなと思います。自分も来年いい成績を残して戻ってくるように頑張ります」と話した。

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請