【有馬記念】ジャパンCの覇者シュヴァルグランは3着 ボウマン騎手「ペースが上がった時に置かれてしまった」

ラストランを勝利で飾ったキタサンブラック(左)(左から二頭目は2着、クイーンズリング、三頭目は3着、シュヴァルグラン)
ラストランを勝利で飾ったキタサンブラック(左)(左から二頭目は2着、クイーンズリング、三頭目は3着、シュヴァルグラン)

◆第62回有馬記念・G1(24日、中山・芝2500メートル)

 第62回有馬記念・G1が24日、中山競馬場で行われた。圧倒的1番人気で、このレースを最後に引退するキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)が逃げ切って勝利。シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、ウオッカに並ぶJRA・G1で最多タイの7勝目を挙げた。手綱を執った武豊騎手=栗東・フリー=が90年オグリキャップ、06年ディープインパクトに続く有馬記念3勝目となった。

 2着はクリストフ・ルメール騎手が騎乗したクイーンズリング、3着はヒュー・ボウマン騎手が騎乗したシュヴァルグランだった。

 ボウマン騎手(シュヴァルグラン=3着)「もう1、2頭前で競馬できれば良かったけど…。ジャパンCの時よりコーナーの走りがぎこちなくて、徐々にポジションを上げることができなかった。ペースが上がった時に置かれてしまった。直線では接触する不利があったけど、(不利が)なかったとしても勝つまでは難しかった。東京や京都のような、もっと大きなコースが合っていると思う」

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請