馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 函館

キタサンブラックのお別れセレモニー 北島三郎「しゃべっていると泣けてくる」 ブラックの新曲も披露

優勝したキタサンブラックの武豊騎手を迎え抱き合う、馬主の北島三郎
優勝したキタサンブラックの武豊騎手を迎え抱き合う、馬主の北島三郎
ターフに姿を現したキタサンブラック
ターフに姿を現したキタサンブラック

◆第62回有馬記念・G1(24日、中山・芝2500メートル)

 ラストランの有馬記念を制し、JRA最多タイのG1・7勝を挙げたキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久詞厩舎)のお別れセレモニーが24日、中山競馬場の全レース終了後に行われた。

 オーナーの歌手・北島三郎は「本当にありがとう。ブラックが走って3年。たくさんの人に愛してもらって、たくさんの人に支えてもらって、これ以上の幸せはありません。感謝しています」と言葉を詰まらせた。セレモニーには主戦の武豊騎手、G1初勝利を飾った菊花賞で手綱を執った北村宏司騎手らが登場。北島オーナーは「これが最後かと思うと胸が熱くなるし、しゃべると泣けてきました。一生のうち、81歳で感激しました」と、時折涙声になりながらも、大勢のファンへ感謝の言葉を口にした。

 ターフビジョンで新曲「ありがとう キタサンブラック」が流れると、北島オーナーは感慨深げ。最後に「まつり」をファンとともに大合唱して、キタサンブラックとの別れを惜しんだ。

優勝したキタサンブラックの武豊騎手を迎え抱き合う、馬主の北島三郎
ターフに姿を現したキタサンブラック
すべての写真を見る 2枚

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請