内柴正人、柔術ジャパンカップ2階級制覇「年末にキリのいい大会が終わって安心しました」

ライト級トーナメントで優勝し表彰台で笑顔を浮かべる内柴
ライト級トーナメントで優勝し表彰台で笑顔を浮かべる内柴

 柔道男子66キロ級でアテネ、北京と五輪2大会連続で金メダルを獲得した内柴正人(39)が24日、東京・台東区の「台東リバーサイドスポーツセンター」で行われた柔術大会「ASJJF DUMAU JIU JITSU ジャパンカップ2017」に出場し、青帯のライト級(76・0キロ以下)と無差別級の2階級で優勝した。

 ライト級、無差別級ともに1回戦から決勝戦までの3試合をすべて腕十字固めで勝利し金メダリストの強さを発揮した。柔術デビューとなった11月26日に神奈川県寒川町での大会も青帯のミドル級(82・0キロ以下)と無差別級に出場し全5試合オール一本勝ちで2階級制覇を飾った。2大会連続の2階級制覇を達成し、デビューからオール一本勝ちの11連勝となった。今月15日午前0時で準強姦(ごうかん)罪での刑期を満了した。今大会は刑期満期後、初の試合となった。

 試合後、内柴は「年末にキリのいい大会が終わって安心しました」と明かした。2大会連続での2階級制覇でのデビュー11連勝に「練習で想定される恐ろしい相手の攻撃を受ける状況にならなくて良かった。強い選手とあたりましたけど、とても面白くできました。バリエーションがまだないので習ったことを徹底することをやりました」と振り返った。

 大会前には静岡の柔術道場に行き「レベルの違いを感じて、このままじゃダメだと」と感じたという。体重も11月のミドル級から炭水化物を抜く食事などで6キロ減量しライト級で出場。試合にはかつての教え子も応援に駆けつけたという。「全力で試合前に練習してこの先につながる試合ができたかなと思っています」と来年へ視線を向けていた。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請