佐藤光留、内柴にプロレス参戦オファー「何としてでもウチのリングに」

内柴へプロレス参戦をオファーしている佐藤光留
内柴へプロレス参戦をオファーしている佐藤光留
内柴(左)へプロレス参戦をオファーしている佐藤光留
内柴(左)へプロレス参戦をオファーしている佐藤光留

 プロレスイベント「ハードヒット」のプロデューサーでプロレスラーの佐藤光留(37)が24日、都内で柔道男子66キロ級でアテネ、北京と五輪2大会連続で金メダルを獲得した内柴正人(39)へプロレス参戦オファーを出したことを明かした。

 内柴は、東京・新木場1stRINGで行われる「ハードヒット」を観戦するため来場することが決まっている。この日、内柴が出場した東京・台東区で行われた柔術大会を視察した佐藤は「何としてでも内柴さんにウチのリングに上がっていただきたい。30日は試合に勝ってリング上から公開オファーします」と断言した。

 五輪2大会連続キンメダリストのプロレスデビューへ佐藤は11月からは内柴が練習する神奈川県座間市の柔術道場「ALAVANCA柔術アカデミー」に通いオファーしてきた。しかし、現時点では「プロレスはやったことがないので分からない」との理由で断られたという。

 「ハードヒット」は10年前にスタートしたプロレスイベント年間5~6大会を開催。試合は、かつてのUWFのように総合格闘技の要素をプロレス取り入れたスタイルを展開している。今回の来場で「ウチの試合を実際に見てもらって理解して欲しい」と訴えた。内柴の魅力を「本物の強さを持っているところです」と佐藤。金メダリストがプロレスデビューを決意するその日まで熱心に口説く意気込みだ。

 ただ、内柴は今回の来場は同じ道場の選手が出場するため「応援に行くだけ」と説明。佐藤が掲げた公開オファーは「オファーしたら光留君とはもう絶対、しゃべらない」と早くも拒絶。その上で「ボクは練習していることを出せることがあれば試合に出ますし、練習していないことを興味本位で出ることは絶対にないです」と断言していた。

内柴へプロレス参戦をオファーしている佐藤光留
内柴(左)へプロレス参戦をオファーしている佐藤光留
すべての写真を見る 2枚

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請