内柴正人、ライト級と無差別級の2階級V 柔術デビューからオール一本勝ちで11連勝

柔術デビュー2大会目に出場した内柴
柔術デビュー2大会目に出場した内柴

 柔道男子66キロ級でアテネ、北京と五輪2大会連続で金メダルを獲得した内柴正人(39)が24日、東京・台東区の「台東リバーサイドスポーツセンター」で行われた柔術大会「ASJJF DUMAU JIU JITSU ジャパンカップ2017」に出場し、青帯のライト級(76・0キロ以下)と無差別級の2階級で優勝した。

 ライト級トーナメントでは1回戦から決勝戦まで3試合すべて腕十字固めで優勝。無差別級でも1回戦、準決勝、決勝のすべてを腕十字固めで勝利し2階級制覇を達成した。内柴は11月26日に神奈川県寒川町での大会で柔術家デビュー。この時は青帯のミドル級(82・0キロ以下)と無差別級に出場し全5試合オール一本勝ちで2階級制覇を飾った。2大会連続の2階級制覇を達成し、デビューからオール一本勝ちの11連勝となった。

 内柴は、今月15日午前0時で準強姦(ごうかん)罪での刑期を満了した。今大会は刑期満期後、初の試合となった。来年は、全国から柔術のトップ選手が参加する来年2月10、11日の「ヒクソン・グレイシー杯」に出場することが決まっている。

格闘技

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請