絶対に景品が取れないクレーンゲームで客から金だまし取る…ゲームセンター社長ら6人逮捕

 大阪市内のゲームセンターでクレーンゲーム機を景品が取れないように設定し、客から料金をだまし取ったとして、大阪府警保安課は23日、詐欺の疑いでゲーム運営会社「アミューズメントトラスト」(同市浪速区)社長の大平剛容疑者(33)と社員ら20~30代の男女の計6人を逮捕した。

 同課によると、ゲームセンターの景品を巡る詐欺事件の摘発は全国初。大阪市中央区や京都市中京区の系列5店舗などを家宅捜索した。ほかに店員ら10人から任意で事情を聞いている。大平容疑者は「店員に指示したことも、絶対に景品が取れるとも言っていない」と容疑を否認している。

 大平容疑者の容疑は社員と共謀して、今月1~9日、大阪市中央区道頓堀1丁目と浪速区難波2丁目のゲームセンターのゲーム機を景品が取れないように設定した上で、20代の女性客計4人に「絶対に取れる。今やめたらもったいない」とウソを言って約47万円をだまし取った疑い。

 ゲーム機は、はさみ型の装置でヒモを切って景品を獲得する仕組み。他に穴の中にプラスチック製の筒を落として景品を取るゲーム機もあった。当初はぬいぐるみなどを景品に無料でゲームをさせ、ゲーム機やタブレット端末などより高価な景品を提示し、利用料も500円から2000円、1万円へと引き上げた。

 失敗を続け「帰りたい」という客には「今までの景品全部あげます」などと言葉巧みに迫り、消費者金融で金を引き出してゲームを続けた客もいた。2015年以降、30人以上から計600万円以上の被害相談があり、「60万円以上使った」と話している人もいるという。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請