坂本花織「なんでぇ!?」2位も五輪代表入りへ自己新猛アピール

手を合わせて高得点を願った坂本だったが、期待ほど伸びず頭をかかえて悔しがった
手を合わせて高得点を願った坂本だったが、期待ほど伸びず頭をかかえて悔しがった

◆フィギュアスケート全日本選手権第3日▽女子フリー(23日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 女子フリーを行い、ショートプログラム(SP)2位の宮原知子(19)=関大=が、逆転優勝で悲願の五輪切符をつかんだ。フリーで147・16点をマーク。国際スケート連盟(ISU)非公認ながら自身が持つ国内歴代最高を上回る220・39点で浅田真央以来の4連覇を達成。平昌五輪代表の残る1枠は、24日の大会終了後に行われる選考委員会で決まる。2位に入った坂本花織(17)=シスメックス=と、4位の樋口新葉(16)=日本橋女学館高=との一騎打ちが濃厚となった。

 シニア転向1年目の17歳が、最終滑走の重圧をはねのけ、やりきった。「今日一日緊張しっぱなしで。ようやく解放された。全部出し切れた」。坂本の目から安堵(あんど)の涙がこぼれた。冒頭のフリップ―トウループの連続3回転は回転不足を取られたが、大きなミスなく演技終了。お祈りポーズで順位を待つも大差での2位に「え~、なんでぇ!?」と、のけぞって苦笑いしたが、非公認ながら自己ベストを上回る213・51点。五輪代表入りを猛アピールした。

 跳び幅のある豪快なジャンプが持ち味だ。「降りてから他の人の倍流れる。脚力が強い」と中野園子コーチ。身体能力が高く、4歳から13歳まで習った水泳は、小学2年の時に選手コースへスカウトされたほど。50メートルを34秒台で泳いだ。「まともに息がしたい。酸素が欲しかった」。水中の世界を断念し、氷上一本に絞った。

 シニアに転向した今季は、結果が出ずに悩んだ。「最初は空気が重すぎて。慣れなくて」。ジュニアとは違う緊張感に体が縮こまった。スケート特集番組を見ては「また私だけ映っていない…」と落ち込んだこともあった。11月のスケートアメリカで自己ベストの210・59点をマークし2位に入ると、一気に自信を深めた。

 太りやすい体質で、普段から食事には細心の注意を払う。この日の演技に、大きなごほうびが待っていた。普段は厳しい中野コーチから「大好きな肉を今日は何グラム食べてもいい。よくやった!」と手放しで褒められた。五輪代表は24日に発表される。「ちょっとは可能性が見えてきたかな?って思います」とカオリンスマイル。あとは待つだけだ。(高木 恵)

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請