斉藤由貴の左手薬指に指輪、不倫謝罪会見以来4か月ぶり姿

登壇した(左から)三木康一郎監督、清原翔、斉藤由貴、桐谷美玲、鈴木伸之、馬場ふみか、竹内愛紗
登壇した(左から)三木康一郎監督、清原翔、斉藤由貴、桐谷美玲、鈴木伸之、馬場ふみか、竹内愛紗

 50代の男性医師とのダブル不倫を認めた女優・斉藤由貴(51)が23日、都内で桐谷美玲(28)主演の映画「リベンジgirl」(三木康一郎監督)の初日舞台あいさつに登壇。8月の謝罪会見以来4か月ぶりに報道陣の前に姿を見せた。

 斉藤は背中の開いたグレーのワンピースを着用。左手薬指には指輪がはめられていた。撮影中に小声でセリフを何度も練習していたようで「年々セリフ覚えが悪くなる」と苦笑い。降壇時には、報道陣から「仕事はいよいよ再開ですか?」「家庭は大丈夫ですか?」と質問が飛び交ったが、何度か会釈をするのみだった。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請