【C大阪】柿谷で2冠王手!PK弾かれるも頭で押し込んだ 14大会ぶり決勝

延長前半8分、勝ち越しゴールを決めたC大阪・柿谷(後方右から4人目・8)がチームメートらとポーズを決め喜ぶ
延長前半8分、勝ち越しゴールを決めたC大阪・柿谷(後方右から4人目・8)がチームメートらとポーズを決め喜ぶ

◆天皇杯全日本サッカー選手権 ▽準決勝 C大阪3―1神戸(23日・ヤンマースタジアム)

 C大阪が延長戦の末に神戸を3―1で下し、03年度以来14大会ぶりの決勝進出を決めた。後半45分に先制点を許す窮地に立たされながら、直後にMF水沼のゴールで同点。延長前半、途中出場のFW柿谷がPKを外しながらダイビングヘッドで押し込み、決勝点を奪った。来年1月1日の決勝では、ルヴァン杯との2冠に挑戦。横浜Mも延長戦で柏を2―1と振り切り、優勝した13年度大会以来の決勝に進出した。

 決めて当然のチャンスを無駄にしても、柿谷は諦めていなかった。同点で迎えた延長前半8分。味方が得たPKを右足で蹴ったが、GKのセーブに阻まれた。だが次の瞬間、ゴール前のこぼれ球に、誰よりも素早く反応。「蹴った瞬間に読まれているのが分かった。焦ったけど入ってよかった」。執念のダイビングヘッドでネットを揺らし、14大会ぶりの決勝をたぐり寄せた。

 日本代表FW杉本健勇(25)と同MF山口蛍(27)をけがで欠く苦しい布陣。後半32分から途中出場したが、自身も甲の痛みで左足は全くボールを蹴れない状態だった。だが「出るからにはやる」と執念を見せ、右足と頭で結果を出した。後半終了間際の失点をはね返しての逆転劇。尹晶煥監督は「全員の最後まで諦めない姿勢が結果につながった」と選手をたたえた。

 C大阪のエースナンバー「8」を背負って主将を務めながら、今季のリーグ戦はわずか6得点。22得点で日本代表入りと急成長した杉本に主役を奪われ、優勝したルヴァン杯決勝では途中でベンチに下げられる屈辱も味わった。それでも「今季は間違いなくあいつ(杉本)がMVP」と力不足を受け止め、献身的に守備に走る姿勢を貫いた。海外挑戦からの復帰を快く受け入れてくれたクラブへの愛着を糧に、我慢を続けた。

 開幕当初は「J1残留」が目標だった復帰1年目。ルヴァン杯でのクラブ初タイトル、過去最高タイとなるリーグ戦3位に続き、天皇杯との2冠も視野に入る。左足首を手術した杉本は不在だが、「蛍は決勝で活躍する気満々。『負けたら許さん』というプレッシャーがすごかった」と柿谷。「ほとんど全員が出て勝ち取ってきた決勝。またタイトルのチャンスがあって幸せ」。決勝の舞台はルヴァン杯と同じ埼玉スタジアム。2冠の主役は、今度こそ背番号8だ。(中村 卓)

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請