スーパーバンタム級全日本新人王・下町俊貴が大会MVP

4回TKOでスーパーバンタム級の全日本新人王に輝いた下町俊貴は大会のMVPにも輝いた
4回TKOでスーパーバンタム級の全日本新人王に輝いた下町俊貴は大会のMVPにも輝いた

◆プロボクシング 第64回全日本新人王決勝戦(23日、東京・後楽園ホール)

 東軍代表と西軍代表により12階級で争われた。MVPには西軍のスーパーバンタム級・下町俊貴(21)=グリーンツダ=が選ばれた。東軍の飯見嵐(21)=ワタナベ=に4回51秒TKO勝ちした。技能賞は西軍のスーパーフェザー級・森武蔵(18)=薬師寺=、敢闘賞には東軍のライト級・有岡康輔(24)=三迫=が選ばれた。

 下町は中高生時代は帰宅部で今でも「体力が無い」というが、4回に連打で攻め込みレフェリーストップを呼び込んだ。東日本新人王決勝でMVPだった飯見を破る金星で、全日本のMVPをゲット。“元帰宅部ボクサー”は「これからもっと体力をつけてランクを上げて、タイトルマッチをやれれば」と夢を語った。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請