小林幸子、梅沢富美男とデュエット「一線を越えられるぞ。ピタッとくるな」

 歌手の小林幸子(64)が23日、東京・渋谷109でauのイベントに登場した。同社CMで俳優の梅沢富美男(67)とデュエット曲「愛の歌」を歌っており、この日も生歌唱した。

 今年の大みそかは、ももいろクローバーZの年越しライブ「ゆく桃くる桃 ~第1回 ももいろ歌合戦~」にゲスト出演することを明かし「ずっと熱心にオファーしてくれたから。ももクロちゃん、かわいいしね」と話した。

 この日のイベント名は「auピタットキャラバン」だが、梅沢は「男はいつも(女性と)ピタッとしていたいもんなんだ」と暴走気味。同曲がカラオケでも配信されていることから「カラオケルームで歌ったら一線を越えられるぞ。ピタッとくるな」と周囲を困らせた。

 だがイベント後、報道陣から近況を聞かれると小林は「主人といつもピタッとしています」と伝染気味。梅沢も「俺はそうだな、年末は忙しいから年明けにピタッとしたいね」と、もはやスマホに関係ない話になっていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請