馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 函館

【中山大障害】ルペールノエルは上位2頭から大きく離された3着 高田「悔しさが残る」

ルペールノエル
ルペールノエル

◆第140回中山大障害・JG1(12月23日・障害直線芝4100メートル、中山競馬場、良)

 圧倒的な1番人気を集めたオジュウチョウサン(牡6歳、美浦・和田正一郎厩舎、父ステイゴールド、石神深一騎手)がゴール前で、逃げ粘るアップトゥデイトをかわして優勝。昨年の中山グランドジャンプ、中山大障害、今年の中山グランドジャンプに続くJ・G1の4連勝は史上初。また昨年の中山グランドジャンプから続く障害重賞8連勝は、テイエムオペラオーが2000年に平地で記録した重賞8連勝に並ぶ快挙となった。勝ちタイム4分36秒1は、91年メジロモントルーが記録した4分37秒2を1秒1上回るコースレコード。

 2着は2番人気のアップトゥデイト(林満明騎手)、離れた3着にはルペールノエル(高田潤騎手)が入った。

 高田騎手(ルペールノエル=3着)「調教師からは、前につけてくれ、という指示。好位で流れに乗れたが、枠(大外15番)が枠だけに、いいポジションを取れなかった。今日のレースはポジショニングが全て。最後は脚を余していた。馬の力を全て出し切れなかった。上位2頭は強いんですけどね。真っ向勝負に持っていきたかった。馬の状態は抜群で、飛越も完璧だっただけに、悔しさが残る。強さは証明してくれました」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請