馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  中山 阪神

【阪神C】イスラボニータが有終の美をレコード勝ちで飾る ルメールは年間200勝にあと3

ダンスディレクター(左)をゴール前で競り落とすイスラボニータ
ダンスディレクター(左)をゴール前で競り落とすイスラボニータ

◆第12回阪神カップ・G2(12月23日・芝1400メートル、阪神競馬場、良)

 18頭によって争われ、2番人気のイスラボニータ(牡6歳、美浦・栗田博憲厩舎、父フジキセキ)が直線での競り合いを制して、重賞6勝目。サクラバクシンオーが94年10月29日にマークした1分19秒9を0秒4更新する1分19秒5のコースレコードで自身のラストランを飾った。騎乗していたクリストフ・ルメール騎手は、この日3勝で今年JRAで197勝目となり、自身初の年間200勝にあと3に迫った。

 2着は直線で一度は抜け出したダンスディレクター(武豊騎手)、3着には3番人気のサングレーザー(福永祐一騎手)が入った。

 ルメール騎手(イスラボニータ=1着)「きょうはイスラボニータのファイナルランですごく大切だった。ぜひ勝ちたいと思っていたのでうれしい。レースは武さん(ダンスディレクター)の後ろのいいポジションで運べて、最後に前に出られてよかったね。(年間200勝は)あと3勝だから、ぜひ行きたい。200勝はこれまで武さんだけしか達成していないので、何とか頑張りたい」

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請