馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

全レース出馬表・データ・成績を提供中  新潟 函館

【中山新馬戦】3番人気のワカミヤオウジが快勝 田辺「使って良くなりそう」

中山5Rの新馬戦を勝ったワカミヤオウジ(右は2着のフォーマイセルフ)
中山5Rの新馬戦を勝ったワカミヤオウジ(右は2着のフォーマイセルフ)

 12月23日の中山5Rの新馬(ダート1800メートル、16頭立て)は、3番人気に推されたタイムパラドックス産駒のワカミヤオウジ(牡2歳、美浦・栗田徹厩舎)が直線で抜け出した。勝ち時計は1分56秒3。

 4番枠から好スタートを切り、前を見る形で3番手を追走。2番手につけていたダイヤクリーガーが4コーナーで失速し、逃げたフォーマイセルフとの勝負に持ち込むと、残り50メートルで楽にとらえて、1馬身半差の快勝。3着以下には6馬身差をつけた。

 騎乗した田辺裕信騎手は「せかせかしている割には走らせたらおっとりで、自分で動いていけない弱さはある。スタートをうまく出て、いいポジションを取れたが、道中に待てる余裕はなかった。ダラダラと走ったような感じだったが、時計的には良かったですね。今日は流れも味方しました。使って良くなるタイプだと思いますし、これからの馬だと思います」と冷静に振り返った。

 管理する栗田徹調教師は中山1R(エリーナハーラー)でJRA通算100勝を達成し、この日は使った2頭ともが勝利を挙げた。「切れ味がどうかなと思っていたが、今日の走りを見ると、結構ギアがありそうな感じ。時計も良かった。まだ遊んでふわふわしているし、体も良くなりそう。すごく奥がありそう」と素質を感じていた。

競馬

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請