徳山商工、ウィンターカップ初出場で初勝利!

◆全国高校バスケットボール選手権大会(ウィンターカップ)第1日 ▽女子1回戦 徳山商工77―59市前橋(23日・東京体育館)

 初出場の徳山商工(山口)が、市前橋(群馬)を破り、初勝利を挙げた。

 シューティングガード・西田保乃伽主将(3年)が両軍最多25得点、2年生コンビのポイントガード・本田満里奈が21得点、パワーフォワード・山本楓子が20得点の活躍。前半で37―22とリードし、第3クオーターで17―25と追い上げられたが、逃げ切った。

 インターハイでも勝ったことがなく、これが全国大会初勝利。中村浩正コーチ(53)は「普段はしゃべる選手がしゃべらなかったり、緊張していたのかな」と苦笑いも「立ち上がりでいいスタートが切れた。全国で何とか1勝しよう、とやってきたので、勝てて良かった」と話した。

 24日の2回戦は那覇(沖縄)と対戦する。指揮官は「チャンスはあると思う。2回戦突破を目指したい」と、3回戦進出に意欲を見せた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請