乾、初の2戦連発でリーガ7万号

◆リーガ・エスパニョーラ第17節 エイバル4―1ジローナ(21日・エイバル)

 【エイバル(スペイン)21日=豊福晋】日本代表FW乾貴士の所属するエイバルはホームでジローナと対戦し、乾は2列目の左サイドでフル出場。前半開始41秒で自身の今季2点目となる先制点を挙げ、2―1の後半9分にはこぼれ球を詰めて2点目を決めた。2戦連発で4―1で快勝。最近6戦5勝1分けで好調を維持し、年内最終戦で日本代表にも明るい話題を届けた。

 試合開始わずか41秒。乾は左サイドでスローインを受け、ゴール中央にカットイン。相手DFの股を抜いて、ゴール左隅に流し込んだ。「最初だし、思い切って中(への突破)かなと思った。(シュートは)股さえ通れば入るかなと。それがうまくいった」。15日のバレンシア戦に続く自身初のリーグ2戦連発だ。

 前半10分にはヒールでつないで得点に絡むと、後半9分にはFWキケ・ガルシアの強烈なシュートをGKがはじいたこぼれ球を決めて2点目。今季90年目を迎えるリーグの通算7万点目となった。「ホームで2点は初めて。何より勝ったのがうれしい」。チームは6戦5勝1分けと絶好調。エイバルでの好調をハリル・ジャパンにも持ち込んでみせる。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請