【巨人】「7回の男」健太朗、新球は大竹シュート…1月に合同合宿

ジャイアンツ球場でキャッチボールする西村(カメラ・矢口 亨)
ジャイアンツ球場でキャッチボールする西村(カメラ・矢口 亨)

  巨人・西村健太朗投手(32)が22日、“大竹シュート”習得に意欲を示した。来年1月中旬から約10日間にわたり、静岡・伊豆で大竹と合同合宿に臨む予定。ともにシュートを武器とする右腕だが、「僕と大竹さんとは握り方も、どこに投げるかとか、考え方も違う」と説明。先輩右腕の宝刀を学ぶつもりだ。

 西村のシュートはツーシームの握りから、直球のような軌道を描き打者の手元で「打つ瞬間に曲がる」。一方で、「大竹さんのは左打者の外に沈んでいく。シュートとチェンジアップの間のような軌道」と、明確な違いがある。今季は45試合に登板し0勝2敗、防御率3・56。安定感は見えたが、右打者の被打率2割4分8厘に対し、左打者では打率2割6分4厘と差が出た。異なる軌道のシュートを投げ分ければ、左封じに役立つメリットがある。

 この日、G球場で短距離ダッシュやキャッチボールなどで汗を流した西村は、「重要な場面で投げたい気持ちがある。マシソン、カミネロが残留なので、しっかりそこにつなげるようにしたい」と、今季と同じく「7回の男」を担うことを宣言。「それには苦しい場面でも『これならいける』という球種を持っていれば変わってくると思う」と、“新球”への強い思いも明かした。

 登板数は「タイトルを取った時の試合数」と、42セーブをマークし防御率1・13を誇った2013年の71試合を目標に掲げる。新兵器を手に入れ、勝利の方程式の座を盤石なものにする。(長井 毅)

巨人

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請