里見香奈女流王座、逆転で防衛「力を出し切ろうと思いました」

逆転で防衛を果たした里見香奈女流王座
逆転で防衛を果たした里見香奈女流王座

 将棋の第7期リコー杯女流王座戦5番勝負の第5局が22日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、里見香奈女流王座(25)=女流名人、女流王位、女流王将、倉敷藤花=が挑戦者の加藤桃子女王(22)に先手番の105手で勝ち、2連敗からの3連勝で逆転防衛を果たした。

 終局後の里見は「1、2局は一方的に負けたので、自分の力を出して負けたらしょうがないと思って、力を出し切ろうと思いました」とホッとした表情を浮かべた。

 初防衛で女流5冠を堅持。1月開幕の第44期岡田美術館杯女流名人戦(報知新聞社など主催)5番勝負に弾みをつけた。同棋戦を防衛し、現在本戦トーナメントのベスト4まで進出しているマイナビ女子オープンで挑戦権を得て、加藤から女王を奪取すると、史上初の女流6冠制覇を成すことになる。

社会

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請