エンゼルス大谷、9割の力で30メートルダッシュ

順調に調整を続ける大谷は笑顔でキャッチボールする(カメラ・堺 恒志)
順調に調整を続ける大谷は笑顔でキャッチボールする(カメラ・堺 恒志)

 日本ハムからエンゼルスへ移籍した大谷翔平投手(23)が22日、千葉・鎌ケ谷の日本ハム2軍施設で練習を行った。 

 球場で8~9割の強度での30メートルダッシュや70メートルの距離で遠投を行った後、室内では鏡で入念に打撃フォームをチェックしながら、マシン打撃に没頭した。高橋知2軍トレーナーは「年内はこのペースでやって、年明けからアジリティー(敏しょう性)の動きなどを入れて、もう少し(強度を)上げていけたら」と説明した。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請