清水良太郎被告、懲役1年6月執行猶予3年判決も父・アキラ「これで終わったわけではない」

釈放され自宅に戻った清水良太郎被告は深々と頭を下げた(カメラ・清水 武)
釈放され自宅に戻った清水良太郎被告は深々と頭を下げた(カメラ・清水 武)
拘置所を出る時は「申し訳ありませんでした」と謝罪
拘置所を出る時は「申し訳ありませんでした」と謝罪

 タレントの清水アキラ(63)の三男で、覚醒剤取締法違反(使用)の罪に問われた元タレント・清水良太郎被告(29)に東京地裁(恒光直樹裁判官)は22日、懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡した。10月11日の逮捕から72日、被告は謝罪の言葉をようやく公の場で発した。

 午後1時半。灰色のセーターにノーネクタイ姿で入廷した良太郎被告は、やや硬い表情。恒光裁判官は「被告は(今年)5月から覚醒剤を月7回ほど使用した。第三者の面前でも使用するなど、親和性や常習性が認められ刑事責任は重い」と指摘。一方で「家族が更生させようとサポートし、被告も反省している」と猶予判決の理由を述べた。

 良太郎被告は、判決を聞き終えると、小さく頭を下げた。反省の弁を述べる機会は与えられず、入廷からわずか2分間で閉廷した。

 閉廷後、これまで勾留されていた東京拘置所に戻り、釈放された。午後4時35分頃、黒スーツにグレーのネクタイ姿に着替え、拘置所前に集まった報道陣の前に登場。神妙な表情で「この度は多くの方々に大変なるご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした」と大声で謝り、深々と15秒間頭を下げた。

 午後5時20分頃、拘置所に駆けつけた兄・友人氏の車で都内の自宅に到着したが、報道陣の質問に答えなかった。父が謝罪コメントを発表。「反省が足りない」と保釈を許さなかったアキラは「これで終わったわけではなく、社会的な責任を重く受け止めております」とし、「確実に更生するには、良太郎本人の自覚と強い意志がなければ、乗り越えることは出来ない」と厳しい姿勢をみせた。

 逮捕後、事務所を解雇され今は無職。初公判では、今後について「妻も子どももいる。家族が安心してもらえるような仕事に就きたい」と望んだ良太郎被告。社会復帰へ厳しい道のりの第一歩を踏み出した。

釈放され自宅に戻った清水良太郎被告は深々と頭を下げた(カメラ・清水 武)
拘置所を出る時は「申し訳ありませんでした」と謝罪
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請