突発性難聴から復帰のキンキ堂本剛、デビュー曲披露も「とても緊張する曲だなと思ってます」

KinKi Kids
KinKi Kids
「ミュージックステーション スーパーライブ」司会のタモリ
「ミュージックステーション スーパーライブ」司会のタモリ

 今年7月にCDデビュー20周年を迎えたKinki Kidsの堂本剛(38)と堂本光一(38)が22日、テレビ朝日系で生放送された「ミュージックステーション スーパーライブ」(後7時)に出演。デビュー曲「硝子の少年」を熱唱した。

 剛は6月27日に左耳の突発性難聴のために緊急入院。回復途上のためか、この日も大きなヘッドホンを付けて登場。司会のタモリ(72)から「今年はどんな1年でした」と聞かれた光一が「20周年で東京ドームの公演もやらせていただいて、いろんな方に支えられた1年でした」と答えた後、「剛君が耳が調子悪くなったりして、身体は大事だなと思わされた1年でした」と続ける一幕もあった。

 この日は松本隆作詞、山下達郎作曲のデビュー曲「硝子の少年」のアコースティック・バージョンを披露するとあって、剛が「約20年くらい歌わせてもらっているんですけど、毎回、緊張する曲だなと思って。すごい曲を作っていただいて、うれしいんですけど、その逆の気持ちもあると言うか、とても緊張する曲だなと思ってます」と正直に話す場面もあった。

 剛はヘッドホンを付けての歌唱となったが、冒頭のソロの部分「雨が踊るバスストップ 君は誰かに抱かれ」の部分を歌い終わった後、ヘッドホンをいじり、位置を直す場面があった。

KinKi Kids
「ミュージックステーション スーパーライブ」司会のタモリ
すべての写真を見る 2枚

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請