【札幌】元代表GK菅野獲得…自身から「受諾」京都とクラブ間交渉へ

 J1北海道コンサドーレ札幌に、獲得オファーを出していたJ2京都GK菅野(すげの)孝憲(33)が加入することが22日、分かった。同日までに菅野自身から「受諾」の報が入ったと、クラブ幹部が明らかにした。今後は京都側と、完全か期限付きかの移籍形態についての交渉に入る。

 今オフに金山隼樹(29)と杉山哲(36)の2人のGKが退団した札幌は、今季同様の3人体制を継続するため、新たなGK獲得に乗り出していた。甲府の河田晃兵(30)は残留を決めたため、断念したが、当初からリストの上位に挙げていた菅野に19日にオファー。クラブ幹部が「熱い男には熱さで攻めた」と猛アタックをかけ、短期間での合意にこぎ着けた。

 179センチと、GKとしては小柄な菅野だが、抜群の身体能力と正確なキック力を生かし、2009年には日本代表にも選出されている。加えて、気になる点があれば、夜間でも一人、クラブハウスでトレーニングを行うなど、自身を高めるための努力も怠らない。

 クラブ幹部は「サッカーに対する姿勢が素晴らしい」と、23歳のク・ソンユンと22歳の阿波加俊太という若いGK陣を引っ張る存在としても期待している。懸案事項の一つだったGKの布陣が確定と、来季へ向けた札幌の戦力は着実に整ってきた。

 ◆菅野 孝憲(すげの・たかのり)1984年5月3日、埼玉・富士見市生まれ。33歳。東京Vユースから2003年にJ2横浜FCに加入。08年からJ1柏、16年からJ2京都に所属。J通算494試合出場。07年にはJリーグ新人王を受賞している。179センチ、75キロ。既婚。

サッカー

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請