岡田将生、木村文乃が大ヒット祈願と干支の引き継ぎ式に出席

干支の引き継ぎ式を行った岡田将生と木村文乃
干支の引き継ぎ式を行った岡田将生と木村文乃

 俳優・岡田将生(28)、女優・木村文乃(30)が22日、大阪・天王寺区の生國魂(いくくにたま)神社でダブル主演映画「伊藤くん A to E」(来年1月12日公開、廣木隆一監督)の大ヒット祈願と干支の引き継ぎ式に出席した。

 柚木麻子の小説が原作で、TBS系で今年ドラマ化もされた。岡田演じる容姿端麗ながら自意識過剰で無神経な“痛男”伊藤と、木村演じる毒舌のアラサー脚本家を筆頭に、伊藤に振り回される女性たちを描いた。

 大阪最古の歴史ある神社でヒット祈願した2人は、今年の干支である酉(とり)からアフリカオオコノハズクの「ククル」と、来年の干支である戌(いぬ)から和服で正装した柴犬の「すずか」に笑顔。岡田が「今年以上にお仕事で羽ばたけるように頑張りたいと思います」と、酉にかけて意気込みを語ると、木村も「さらに“ワン”アップできるように頑張りたい」と、負けじと戌にちなんで来年を見据えた。

 また、個人的にお願いしたいことを聞かれ、「自分をより成長させるために、いろんな役柄に挑戦したいということ。この『伊藤くん A to E』という映画の役どころもひとつのチャレンジでした。そのための勉強は来年も引き続いてやっていこうと思っています」と岡田。木村は「今年はお芝居をずっとさせていただいたので、来年は国内や海外に行く時間を作って、あちこちでいろんなものを見て視野を広げたいと思い、お祈りしました」と話した。

 岡田は今年、プライベートでUSJに遊びに来たそうで、木村から「何に乗ったの?」と聞かれ「朝から行って全部乗った。すごく楽しかったのでまた来たい」と満喫した様子で振り返っていた。一方の木村も「実は大阪や京都が好きで、ふらっと来て遊んで帰ったり、好きな器屋さんがあったりして、勝手にご縁があると思ってます。大好きな街です」と笑顔を見せていた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請