キングオブコント覇者・かまいたちの有馬記念勝負馬券は…M―1王者・とろサーモンがヒント!?

有馬記念PR隊就任式に出席しターフィー(左)、あべのべあ(右)と写真におさまる「かまいたち」の濱家隆一(中央右)と山内健司
有馬記念PR隊就任式に出席しターフィー(左)、あべのべあ(右)と写真におさまる「かまいたち」の濱家隆一(中央右)と山内健司

 「キングオブコント2017」で優勝したお笑いコンビ・かまいたちが22日、大阪市阿倍野区のあべのハルカスで、競馬のグランプリ・有馬記念(24日、中山競馬場)の関西地区PR隊の就任式に出席。濱家隆一(34)はシャケトラ、山内健司(36)はスワーヴリチャードを本命馬に挙げた。

 ともに競馬好きだが、今年の馬券の年間収支は「マイナス170万円ぐらい。3場36レース全て外した逆パーフェクトもあった」と明かした山内は「有馬記念でバチーンと当てる」と、ダービー2着の3歳馬スワーヴからの勝負を予告。「年間G1最多勝(7勝)がかかっている(ミルコ)デムーロが、勝って『まつり』を歌うんじゃないの?」と笑わせた。

 一方、「山内ほど詳しくない」濱家は、お笑いレース2冠を目指して出場した「M―1グランプリ」の王者・とろサーモンから世相反映のヒントを得て「しゃけ(サーモン)、とろ…、シャケトロ…」と、ダジャレ交じりに、有馬記念と同じ中山・芝2500メートルの日経賞を制した長距離砲を本命視した。

 結成14年でお笑い界の“G1級レース”の「キング―」を制した自分自身の立場は、ジャパンカップVで善戦ホースから大きく脱皮したシュヴァルグランと重ね合わせたが、「キング―」準Vの男女コンビ・にゃんこスターに人気をさらわれてしまった。意外性のある買い方として、濱家は「“にゃんこ枠”はスーパー3助の『3』。キングオブコントの僕らと、M―1のとろサーモンの出番順も『3』。なんかあるんじゃないかな。終わった後、いつも『ルメール買っとけばええねん』って言うてるから」と、リーディングトップの名手が手綱を取る牝馬クイーンズリングも穴馬に指名した。

 さらに、今年結婚した2人は、結婚記念日の2月22日(山内)、5月5日(濱家)から馬番「2―5」も“かまいたち馬券”として推奨したが「(5番が)トーセンビクトリーか…」と、ブービー人気も予想される超大穴とあって、苦笑していた。

競馬

報知ブログ(最新更新分)

一覧へ
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請