清水良太郎被告に猶予判決、反省の弁述べる機会なく2分で閉廷

清水良太郎被告
清水良太郎被告

 タレントの清水アキラ(63)の三男で、覚醒剤取締法違反(使用)の罪に問われた元タレント・清水良太郎被告(29)に東京地裁(恒光直樹裁判官)は22日、懲役1年6月、執行猶予3年の判決を言い渡した。

 15日に行われた初公判で、良太郎被告は黒スーツにネクタイ姿だったが、この日は、薄いグレーのセーターにノーネクタイ姿で入廷。「名前は」と聞かれると、淡々とした様子で「清水良太郎です」と小声で答えた。

 恒光裁判官は「被告は(今年)5月から覚醒剤を月7回ほど使用しており、第三者の面前で使用し、大胆な犯行。親和性や常習性が認められ刑事責任は重い」と指摘。一方、猶予判決とした理由について「家族が更正させようとサポートし、被告も反省している」などと述べた。

 良太郎被告は、小さく頭を下げたが、反省の弁を述べる機会はなかった。退廷間際、傍聴席に兄の姿を確認すると、ホッとした表情を浮かべうなづいた。入廷からわずか2分間で閉廷した。

 判決では、10月10日ごろ、東京都豊島区のホテルで覚醒剤を使用したとした。初公判で、良太郎被告は「ガラスパイプを使い、あぶって吸引した。軽い気持ちでした。音楽活動ではかどる、歌詞を書けるとうわさで聞いていたので、少し興味があった。(実際は)全然書けなかったです」と話していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請