近藤サトアナが着服被害を告白「お金が集まるところの係の人が私の預金を…」

近藤サトアナウンサー
近藤サトアナウンサー

 フリーアナウンサーの近藤サト(49)が22日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)に出演し、過去に着服被害に遭ったことを明かした。

 番組では滋賀・甲良町の元職員、小島崇靖被告が窓口で納付された税金約3000万円を着服し業務上横領の疑いで逮捕。懲役3年、執行猶予5年の判決が下されたという事件を取り扱った。

 小島被告は、インタビューに「しめしめ感があった」などと悪びれもせずに答えていた。父親が全額弁済したという。

 小島被告の手口は、町役場税務課の窓口に住民が税金を納めるため持ってきた現金を受け取ると、そのまま着服。その際の納付書は、自分のデスクに保管していたというもの。

 これに近藤は「(現金の取り扱い方が)ずさんなんですよ。役所が甘い、甘すぎる。そこが問題」と指摘し、「銀行などではチェックがかなり厳しいけど、そんな銀行でも横領事件は発生する」と解説した。

 「彼(小島被告)が言っていることは横領のパターン。知らない人がどんどん自分のところにお金を持ってくると、取ったという感覚が全然ない」との見解を示したところで、「私も被害に遭ったことがある。いわゆるお金が集まるところの係の人が私の預金を横領したという経験がある」と告白した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請