坂本首位の全日本フィギュア女子SP中継、平均10・6% 最終滑走・真凜で瞬間最高17・9%

演技終了後、笑顔を見せる坂本花織
演技終了後、笑顔を見せる坂本花織

 21日に放送されたフジテレビ系「全日本フィギュアスケート選手権2017 女子ショートプログラム」(後6時半)の平均視聴率は10・6%を記録したことが22日、分かった。

 瞬間最高は午後8時54、55分の2か所で、17・9%の高視聴率をマーク。最終滑走の本田真凜(16)=大阪・関大高=がピアノ曲「ザ・ギビング」に乗せ、演技を披露する場面だった。

 女子SPは坂本花織(17)=シスメックス=が国際スケート連盟(ISU)非公認ながら自己ベストを4・19点上回る73・59点をマークし首位発進。4連覇が懸かる宮原知子(19)=関大=は73・23点で2位。真凜は66・65点の6位と出遅れた。。平昌五輪代表2枠をかけら女子フリーは23日に行われる。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請