坂本花織「やったるぞ!」で大一番ノーミス演技SP首位「こんなにうれしいのは久しぶり」

女子SPで自己ベストを更新する会心の演技を見せ、客席に笑顔で手を振る坂本花織(カメラ・酒井 悠一)
女子SPで自己ベストを更新する会心の演技を見せ、客席に笑顔で手を振る坂本花織(カメラ・酒井 悠一)
坂本花織のSP得点内訳
坂本花織のSP得点内訳
美しいスピンを披露する坂本花織
美しいスピンを披露する坂本花織

◆フィギュアスケート全日本選手権第1日▽女子SP(21日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 女子ショートプログラム(SP)は、坂本花織(17)=シスメックス=が国際スケート連盟(ISU)非公認ながら自己ベストを4・19点上回る73・59点をマークし首位発進。平昌五輪代表2枠を巡る争いに割って入った。本田真凜(16)=大阪・関大高=は66・65点の6位と出遅れ、4連覇が懸かる宮原知子(19)=関大=は73・23点で2位。女子フリーは23日に行われる。

 ガッツポーズが飛び出した。坂本の生涯一のドヤ顔がリンクに映えた。「やったるぞ!」という気構えで臨んだ大一番で、17歳のJKがやったった。ノーミス演技で73・59点。「初めて70点台が出て、こんなにうれしいのは久しぶり」。ISU非公認ながら、自己ベストを4・19点も上回る首位発進に「点数、合ってるのかなあ」と疑うほどだった。

 3つ全てのジャンプを、基礎点が1・1倍になる後半に集めた。フリップ―トウループの連続3回転を決めると、持ち味の跳び幅のあるジャンプを3回転ループ、2回転半と次々と決めた。技術点はただ一人40点台に乗せた。「どんな時でもジャンプを跳べる練習」を意識して取り組んできた。朝練習はステップ部分の曲かけでウォームアップ。続いてすぐに曲を通す。ミスをすれば、中野園子コーチの怒声が飛ぶ。試合さながらの緊張感だ。

 フィギュア界には珍しい“お笑いキャラ”だが、シニア転向した今季は悔し涙が続いた。4位だったUSインターナショナル。表彰台の一番上で笑顔を見せる真凜とは対照的に「情けない」とうつむいた。GPデビュー戦のロシア杯は5位。また泣いた。先月のスケートアメリカは自己ベストの210・59点で2位。「アメリカ大会で、行けるんじゃねえ?って」。スマイルを取り戻した。

 太りやすい体質だけに、正月には雑煮の餅1個を8個に小さく刻み、たくさん食べているつもりになった。オフから栄養士がついた。朝は腹九分目、昼は八分目、夜が六分目。「おなかがすいたら早く寝る。朝は九分目まで食べれるし。朝食べたるで~みたいな」。体重コントロールさえ、楽しむ余裕が生まれた。シーズン序盤は代表争いで後れを取っていたが、ここに来てポテンシャルが開花。武器とするダイナミックなジャンプで、大外から平昌切符に飛びつく。(高木 恵)

 ◆坂本 花織(さかもと・かおり) 2000年4月9日、兵庫県生まれ。17歳。神戸野田高2年。15―16年シーズンは9月に右すねを疲労骨折し、10月末まで氷に上がれない時期を過ごしたが昨季に復調。ジュニアGPシリーズ日本大会で優勝し、ファイナルと世界ジュニアで3位。全日本ジュニアでは白岩優奈、本田真凜を抑えて初優勝。全日本選手権は7位。今季からシニアに転向。特技は水泳と折り紙。158センチ。

女子SPで自己ベストを更新する会心の演技を見せ、客席に笑顔で手を振る坂本花織(カメラ・酒井 悠一)
坂本花織のSP得点内訳
美しいスピンを披露する坂本花織
すべての写真を見る 3枚

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請