鈴木奈々、号泣しながら「本当にすみません…」留守電を1年3か月放置した大物歌手とは?

鈴木奈々
鈴木奈々

 タレントでモデルの鈴木奈々(29)が21日放送のフジテレビ系バラエティー「キスマイ超BUSAIKU!?プレゼンツ今年のうちに怒られに行きましょうSP」(木曜・後11時半)に出演。大物歌手・山本リンダ(66)から入った留守電を1年3か月間に渡って放置していたことを明かした。

 今回のテーマは「今年のうちに怒られに行きましょう」。鈴木は長年、世話になっている山本から入った「元気~」という留守電を1年3か月間も放置、返事をしていなかったことを告白。山本の宿泊先に謝罪に訪れた。

 「謝りたくて今日は来ました。リンダさんからの留守番電話を1か月くらいたってから聞いてしまって。日がたつにつれて、連絡ができなくなってしまって。本当にごめんなさい」と号泣しながら謝罪。

 山本は「もう一度かけてあげれば良かったね。怒らないよ~。気にしてくれてたんだもん」と優しく許していた。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請