桑田佳祐も紅白!“ひよっこ愛”でソロ7年ぶり、安室奈美恵との“目玉競演”

ライブでもダンサーと肩を組んで「若い広場」を歌った桑田佳祐(中央)
ライブでもダンサーと肩を組んで「若い広場」を歌った桑田佳祐(中央)

 ソロ活動30周年を迎えたサザンオールスターズの桑田佳祐(61)が大みそかの第68回NHK紅白歌合戦(後7時15分)に出場することが21日、分かった。特別枠での出演が濃厚で、年越しライブ中の横浜アリーナから生中継する。サザンとしてシークレットゲストで出演した14年以来3年ぶり通算6回目。連続テレビ小説「ひよっこ」の主題歌「若い広場」を歌唱する。安室奈美恵(40)との“目玉競演”が決まり、当日は盛り上がりをみせそうだ。

 目玉候補として注目を集めていた桑田が“ひよっこ愛”で紅白出場を決めた。

 スポーツ報知などにコメントを寄せ、熱い思いを打ち明けた。「『ひよっこ』は私自身、毎回楽しみに拝見しておりました。素晴らしい出演者の方々の演技と心温まるストーリーに、毎日のように笑ったり涙したりしていたことを思い出します。『若い広場』を今年の締めくくりとして、晴れの舞台で歌わせていただけることは、この上ない喜びです」

 桑田の紅白出演はグループ、ソロ通じて6回目。ソロでは、食道がんの手術療養から復帰した10年以来7年ぶりの出演に「私も還暦を過ぎてしまいましたが、若い出演者の方々に負けないよう、頑張って歌います」と意気込んでいる。

 「ひよっこ」は、全156回の平均視聴率が関東地区で20・4%(関西20・3%)の高視聴率を記録(ビデオリサーチ調べ)。「若い広場」については、NHKの上田良一会長が「意味不明なところがある」と発言して物議を醸したこともあったが、ドラマの人気とともに全国的に浸透。ツアーの各会場でも同曲が始まるとひときわ大きな歓声が上がり、こうしたファンの反響が大きく後押しした。また、ヒロインの有村架純(24)が紅組司会に決まったこともプラス材料になった。

 8月24日放送の「SONGSスペシャル」では、桑田が有村、佐久間由衣(22)ら乙女寮のメンバーと肩を組んで「若い広場」を合唱するシーンが話題を呼んだが、複数の関係者によると、紅白でも朝ドラ出演者が勢ぞろいした豪華な内容になる。当日は午後9時半から横浜アリーナで全国ツアーの最終公演となる年越しライブを開催しており、ステージとNHKホールをつなぐ。

 矢島良チーフプロデューサーは、11月の出場歌手発表会見で「結論が出るまで粘り強く交渉していく」と話していたが、幹部がそろって11月の東京ドーム公演に足を運ぶなど熱意が実った形だ。安室同様、特別枠での出演が濃厚で、同局関係者は「安室さんと並ぶ目玉のアーティストの一人。番組後半のクライマックスでの出演になりそうです」。演出面での調整が整った段階で近く正式発表される。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請