坂本花織が首位発進!2位・宮原、3位・本郷…真凜ミス響き6位

女子SPで演技後ガッツポーズする坂本花織(カメラ・酒井 悠一)
女子SPで演技後ガッツポーズする坂本花織(カメラ・酒井 悠一)

◆フィギュアスケート全日本選手権▽女子SP(21日、武蔵野の森総合スポーツプラザ)

 平昌五輪出場2枠を巡る戦いがスタート。坂本花織(17)=シスメックス=が73・59点をマークし、SPで首位に立った。

 ジャンプ3本をすべて、高得点の後半に組み込んだ。最初の3回転フリップ―3回転トウループの連続ジャンプを成功。続く3回転ループも奇麗に決めると、最後の2回転半も勢いよく成功。3本のジャンプをそろえて、演技が終了するとドヤ顔で会心のガッツポーズで喜びを表した。

 五輪有力候補の宮原知子(19)=関大=は73・23点でわずかに坂本に届かず2位発進。連続ジャンプで高さが足りず、回転不足をとられたことが影響した。ノーミス演技で70・48点の本郷理華(21)=邦和スポーツランド=が3位につけた。

 注目の本田真凜(16)=関大高=は、ジャンプでのミスが影響し66・65点の6位にとどまった。

 女子フリーは23日に行われる。

 ◆女子SP成績(10位まで)
 坂本花織 73・59
 宮原知子 73・23
 本郷理華 70・48
 樋口新葉 68・93
 紀平梨花 66・74
 本田真凜 66・65
 三原舞依 64・27
 白岩優奈 63・33
 横井ゆは菜62・68
 新田谷凜 61・28

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請