「デューク・エイセス」が解散コンサート 62年の活動に終止符

スポーツ報知
解散コンサートを行ったデューク・エイセスの(左から)大須賀ひでき、岩田元、谷道夫、槇野義孝

 年内で解散する4人組ボーカルグループ「デューク・エイセス」が21日、東京・メルパルクホールで最後のコンサートを行い、62年の活動に終止符を打った。

 ファン1500人を前に絶妙なハーモニーを響かせた。1955年の結成メンバーで、リーダーのバリトン担当・谷道夫(83)は「本当に感謝の気持ちでいっぱいです」とあいさつ。代表曲「女ひとり」「いい湯だな」など20曲を披露。ラストは「いつまでも思い出に残ってほしい」という思いを込めて「Memory」で締めた。

 長年親交が深い作曲家・神津善行氏(85)と女優・中村メイコ(83)夫妻がゲストで登場。神津氏は「あの頃のデュークはすごかった。すごいコーラス団が日本にも出てきたなと思った」。中村は代表曲「田舎のバス」を4人とともに熱唱し、会場を沸かせた。

 開演前の会見で、解散する心境を語った。谷は「落ちたねと言われるのは許せなかった。よれよれになってしまうより、デュークのサウンドが残ってるうちに潔くお別れしたかった。引き際が肝心だと思った」としみじみ。一方で「やりきった実感がある未練は残ってない」と言い切った。

 死去、病気、引退などを理由にグループを去ったメンバーは7人いるが、メンバーを変えながら4人組グループとして活動を続けてきた。62年の思い出を聞かれた谷は「仲間の死。青空が灰色に見えるくらいショックを受けた」。

 同グループは、米軍キャンプ回りでの黒人霊歌で注目され、62年からNHK「夢であいましょう」にレギュラー出演。65年からは永六輔さん作詞、いずみたくさん作曲による「にほんのうた」シリーズを発表。「いい湯だな」「女ひとり」など多くのヒット曲で人気を集め、NHK紅白歌合戦に10回出場した。レパートリーは1700曲以上、重ねたコンサートは5000回を超える。

 谷は「カルテットの魅力をアピールしたい気持ちがいつも頭にうずまいてた。ハーモニーで聴かせる喜びを感じてきた」。62年の道のりをかみ締めた。

 今後はメンバーがそれぞれ音楽に携わっていくという。谷は「(今後は)考えてない。若い2人(大須賀ひでき、岩田元)が雇ってくれればまたやりたい」と笑わせ、「デュークのレパートリーを引き継いでいってほしい」と話した。

芸能

宝塚歌劇特集
NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請