山梨学院大・小柳が全日本初V 高校同期の世界王者・文田に「少し近づけたかな」

全日本選手権で初優勝した山梨学院大・小柳和也
全日本選手権で初優勝した山梨学院大・小柳和也

◆天皇杯 全日本レスリング選手権 第2日(21日、東京・駒沢体育館)

 男女10階級の決勝が行われ、男子フリースタイル61キロ級では57キロ級から階級をあげた小柳和也(山梨学院大4年)が初優勝した。

 小柳は2013年、韮崎工3年時に世界カデット選手権(セルビア)を制したのを最後に大舞台での優勝からは遠ざかっていただけに「山梨にいる間にタイトルをとりたかった。最後に日本一になれてほっとした」と話した。

 韮崎工でチームメイトだった文田健一郎(日体大4年)が今年8月、世界選手権男子グレコローマン59キロ級で優勝したことも刺激になった。「ずいぶん先に行かれちゃったけど、これで少し近づけたかなという感じ。東京五輪をめざしがんばろうという気持ちになりました」。卒業後は自衛隊体育学校で競技を続け、文田と揃っての代表入りをめざす。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請