初心者でも簡単!渓流釣り…大阪・水無瀬川

ニジマスを釣り上げて喜ぶ岡さん家族
ニジマスを釣り上げて喜ぶ岡さん家族

 大阪・島本町の「水無瀬川渓流釣り場」で17日、ニジマス&アマゴ釣りを楽しんだ。

 11月に開催した「初心者のためのへらぶな釣り教室」の参加者からの「食べられる魚を釣りたい!」というリクエストに応える企画。辻さん、岡さん、中さんの3家族、総勢11人が集まった。

 ゲストには初心者でも釣りやすいニジマスを狙ってもらった。ウキ釣り仕掛けで、餌はイクラとブドウ虫。放流直後からよく釣れ、みんな昼食のバーベキューの準備もそっちのけで熱中した。

 虫が大好きな岡陽菜子ちゃんは、ガの幼虫であるブドウ虫も平気。少し仕掛けを止めたり、ウキを動かして誘いをかけるようにアドバイスすると、みるみる上達した。

 一方、私はアマゴ釣り。水質に定評がある水無瀬川は透明度が高く、魚からも釣り人が丸見えだ。放流魚とはいえ、アマゴは警戒心が強い。水際から離れて狙うのが鉄則。魚を入れるビクは釣り場の最下流に設置した。釣り上げた魚はいったん、水を張ったバッカンに入れ、数尾たまったらビクに入れる。人の気配を感じさせないことが釣果アップのコツ。イクラ、ブドウ虫、ミミズなど餌のローテーションも大切だ。食い渋ればハリスを細く、ハリを小さくする工夫も忘れずに。寒い時期は食いが浅いので、ハリをのませてでも確実に掛けること。

 私の釣果はアマゴ28尾(18~22センチ)、ニジマス3尾。ここは、釣り納めや初釣りにもお勧めだ。

 問い合わせは「尺代漁業協同組合」(TEL075・961・6500)へ。料金はアマゴ釣り1人4100円、ニジマス釣り大人1人3600円、子供1人2600円。(報知APG・峰松 茂美)

ライフ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS ショップ報知 マガジン報知 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真販売 法人向け紙面・写真使用申請