報酬減額の白鵬、生放送で横審委員が「態度かなり疑問符」

白鵬
白鵬

 21日放送のフジテレビ系「とくダネ!」(月~金曜・前8時)で大相撲の元横綱・日馬富士関(33)の幕内・貴ノ岩(27)への暴行問題を受け、開かれた日本相撲協会の臨時理事会を特集した。

 スタジオには大相撲の横綱審議委員会の山内昌之委員が生出演した。協会は現場の酒席に同席した白鵬(32)=宮城野=、鶴竜(32)=井筒=の2横綱に1月の給与を不支給とするなどの報酬減額処分を科した。20日は臨時の横審も開かれたが山内氏は白鵬について委員会で「白鵬については大変厳しかった。9人の委員全体が厳しい」と明かした。暴行事件では「事態の発生、進展を止めることができなかった重さ」などと指摘した。

 さらに「九州場所中の11日目の嘉風戦で自分で物言いをつけることをやってのける。千秋楽のバンザイの強要。立ち合いをはじめとする相撲が美しくない。委員長は美しくないと言っていましたが、もっと厳しい表現を使っている委員もいた」などと明かし、委員会で「態度はかなり疑問符がついた」と断じていた。

スポーツ

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請