ダルの移籍先決定は長期化の様相 ツイッターに「クリスマスまでに決めることはない」

 ドジャースからFAになっているダルビッシュ有投手(31)の移籍先決定が長期化の様相を呈してきた。自身のツイッターで「クリスマスまでに決めることはないです」と、時間をかけて移籍先を選ぶことを明らかにした。

 今オフのFA市場、特にトップクラスの先発投手はダルだけでなくアリエッタ(前カブス)、コブ(前レイズ)、リン(前カージナルス)らが決まっていない。互いに他投手の様子を見ながらの交渉で時間がかかっているもようだ。

 ダルは18日にカブスと通訳なしで直接交渉したと自ら明かしたが、19日もアストロズと面談予定と報じられるなど、今後も各球団と交渉に臨むもようで「全部の球団に対して、あくまでフラットです」と、争奪戦はまだまだ横一線のようだ。

 メジャーはクリスマス休暇以降は市場が動きにくいだけに、移籍先決定は年明けという懸念も出てきた。

野球

NEWS読売・報知 モバイルGIANTS 個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請